ご訪問ありがとうございます。
後書き的なものになりますが、お時間ありましたらお付き合いください。
漫画しか見たくないかたはこちらをどうぞ!
子供の性問題【解決編】を読む




いただいたDMの感想を書きたいと思います。

私が「なるほどな~」と思ったのが、アメリカと日本の違いです。

日本は性の話を過度に隠そうとします。
そのせいで、知識のないまま被害に遭ってしまう子供が大勢いる。
恥ずかしいことをされている認識はあるけれど、悪いことだとわからず
後にあれは性被害だったのだと気付くこともある。

対してアメリカは性にオープンな国で、低学年のうちに性教育をするようです。(州によって異なりはありますが)
子供をちゃんと一人の個人として尊重しているそうです。


DMをくださったAさんのお話。アメリカ在住だった方です。
無題2757
そういえば、娘の保育園ではプールの着替えは外で丸裸になって着替えてました・・・。
参観日に、他人の男性に裸を見られている娘をみて複雑な気持ちになったことを思い出しました。

無題2758
12歳以下の子供を一人で家にいさせると、虐待とみなされ通報されることもあるようです。

Aさんは、
「日本は空気を読む文化」だから、そういう点では子供には不利だとおっしゃっていました。
ダメなものはダメ!
なんでダメなのか、子供にはわからない。
それをきちんと教えないまま押さえつけてしまうのではなく、説明説得することが大事。
う~ん、耳が痛い。笑



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

保育士さんからのDMもいくつかいただきました。
子供から胸を触られる。性器を見ようとしてくる、触らせようとしてくる。
こういった行動から、はっきりと性に興味をもっていることがうかがえるとおっしゃる方もいました。

保育士の方々、日々の行事に追われながら他人の子を預かるという責任の重さ、本当に頭が下がる思いです。
今思うと、あのときの担任の先生の言動はどうなの!?って部分もありますが、
私は先生のことが大好きでしたし、先生と過ごした日々は良い思い出として残っています。
先生、今も元気でいるといいなぁ。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



そして加害者へ対する分析!
皆様一同、ボス太郎の家庭に問題があるのではないかという意見で
した。
ボス太郎の父親は警察官で、母親も真面目そうで家庭内が荒れている様子はなかったそうですが、
ただひとつ、ボス太郎には歳の離れた兄が2人いました。
恐らくこの兄たちから、性の知識を得たのだと思います。
ご両親はこの問題をどう受け止めたのか私にはわかりませんが、
子供のうちは、加害者も被害者も同じような気がします。
加害者にさせてしまった原因は、大人にあると思うから。

今はネットで簡単にアダルトコンテンツが見れてしまう世の中。
どうせ子供が読んでもわからないだろうと、無造作に机の上にアダルト雑誌置いたりしていませんか?
大人のちょっとした緩みが、大きな問題に繋がることもあります。


無題2759

我が子を被害者にも加害者にもしない!!
そのためにお友達の身体の大事な部分(プライベートゾーン)は触らない、見ない。
自分のプライベートゾーンも触らせない!万が一触られたらすぐに報告する。
個人差はありますが、早ければ4歳くらいから性への関心が始まるそうなので、
小さいうちから教えていくことが大事だと思います。

※水着で隠れる部分がプライベートゾーンです。


実際の解決方法を漫画にしてまとめてみました。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

被害者、元被害者からのメッセージ。
沢山お寄せいただきありがとうございました。
正直、私なんかよりずっと辛い経験をされた方ばかりでした。
男の子が被害にあうこともあります。
子供のうちは、男女関係なく被害に遭うらしいです。
実際に、女の子が加害者だったというお話も数件寄せられました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


私は、漫画にしてアウトプットすることで、自分の中にあった傷ついた心を受け入れることができました。自分だけだと思っていたのに、こんなにも多くの仲間がいるとわかり、安心感を覚えました。

被害者の多くは、一生人に話さず墓場まで持って行こうとします。
「ゆっぺさんにだけ打ち明けます」という方がほとんどでしたのでここでは紹介しませんが、
もし体験談を共有してもよいという方がいらっしゃいましたら、このブログのコメント欄に残していたでけるとうれしいです。

一人で悩まなくていいよ。
仲間がいるよ。皆、あなたの味方だよ。




※被害に遭われた方も読まれますので、
批判的、侮辱的だと感じたコメントは公開前に削除させていただきます。
ご理解ください。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

【追記】
女子SPA!さんで【なんで言わないの?】を紹介していただきました。

臨床心理士、公認心理師、家族と子どもセラピスト学会認定セラピストとして、臨床・執筆活動を行う木附千晶さんのお話も頂戴しており、読み応えのある記事になっております😭✨
お時間ありましたら是非ご覧いただけると嬉しいです。

また、女子SPA!さんの記事から当ブログを知っていただいた方も多くいらっしゃると思います。
ブログへのご訪問ありがとうございます✨✨
コメントくださった方、全て拝見いたしました。
目を覆いたくなるような辛い経験を共有してくださり、本当に本当にありがとうございます😢
きっと、絶対に、この思いを無駄にはしません!!