いつもありがとうございます。

このお話は子供同士の性被害に気付いていない大人達に知ってもらいたくて描き始めました。
コメント欄は最終話にて設けたいと思います。
それでは続きをどうぞ。

前回のお話はこちら↓


言えない132

言えない133


言えない134

言えない135


言えない136

言えない137

言えない138

え?皆に言うの?
二人ともうなずいたけど、本当は嫌じゃないの?
それとも話されても恥ずかしくないレベルのイタズラだったの?
私が休んでいる間に、何があったのだろうか。

次回、具体的な描写がありますので
トラウマやフラッシュバックの可能性がある方は閲覧をお控えください。

22話へ続きます。


暇つぶしにどうぞ!